| Home |
協議離婚

協議離婚とは  つぼみろーず2トールローズ

夫婦で話し合って離婚が成立することを協議離婚と言います。

離婚の意思のある夫婦が離婚届けを市区町村に提出し受理されて成立します。
離婚届けは本籍地または住所地の市区町村に提出します。
(住所地に本籍が無い場合は夫婦の戸籍が必要となります)

厚生労働省のまとめでは、約9割が協議離婚です。

協議で離婚をする場合には、
お子様がいる場合に、どちらが親権者になるかを決めないと離婚の手続きはできません。
離婚届けに、親権者を指定する欄があるからです。

また、離婚の際に話し合うことは、婚姻期間中に築いた財産の精算をする財産分与、不動産ローンの問題、 相手からの暴力や不貞行為などの不法行為に対する損害賠償金としての慰謝料、 年金の標準報酬の按分割合(年金分割)、お子様がいらっしゃる場合、養育費・面接交渉、氏と戸籍の問題などがあります。

そういった離婚の条件をできるだけ、有利にもっていくために、そして離婚をスムーズにすすめるために

つまり

離婚をうまく進める方法については、知っている、と、知らないでは大きな差があります。

その部分は
離婚問題専門の行政書士でカウンセラーの当職がお役にたてる部分かと思います。

これまでのノウハウをもとに、法的な問題に対する、その具体的な解決方法と、心理的なアプローチの、二つの側面からアドバイスさせていただきます。

話し合いがまとまらない場合には、次の段階として、家庭裁判所に調停を申し立て、調停委員を交えて話し合うということになりますが、協議でも調停でも、双方にメリット、デメリットがあります。

調停をするとなると、夫婦のプライバシーを話さざるを得ないことや、月に1回ぐらいのペースで数時間という限られた時間の中ですすめられるため、協議の離婚よりは時間がかかってしまう可能性があります。

また、家庭裁判所の手続きで離婚となると、基本的には、協議離婚か調停離婚かは戸籍に記載されますので、それは嫌だという方もいます。

多くの相談者の方は、そんなに大事にしたくないから、出来るだけ調停は避けたいというお考えの方はたくさんいらっしゃって、協議の離婚を希望される方がほとんどです。

しかし、
〝話し合いができない” 〝話し合いにならないという問題を抱えていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

できるだけ協議で離婚をまとめる方向で考えられている場合には、離婚の話合いに中立な立場の
専門家を中に入れることで、お互い感情的になる部分も少なく、冷静でスムーズな話し合いが期待出来るのではないかと思います。

その話し合いの際に、当職が、中立な立場として、親権、慰謝料、養育費、面接交渉、財産分与、年金分割などの離婚の際の取り決めについて、一般的な情報提供をさせていただく事はできます。
(行政書士は依頼人の代理人となって相手方と交渉を行うことは出来ません)

特にお子さんがいらっしゃる場合には、養育費の支払いを公正証書に残すことが大切です。
養育費を払ってほしい、養育費を払ってあげたい、というのは親心ですよね。

養育費はもちろん、財産分与、不動産ローンの肩代わり、慰謝料の支払いなどについては、支払いの約束を公正証書にしておくと安心です。

当事務所では、離婚協議書、公正証書の作成をワンストップで賜っています。

パートナーと冷静に話合いが出来ない、離婚の話合いに第三者に入ってもらいたいなどでお困りの方はどうぞお気軽に当事務所にご連絡下さい。

当事務所が話合いの立会いをさせていただきます
 208 298 209


また、話合いの場所がないという場合には当事務所をお使い下さい。

               

当事務所では別居中の相手方に対して離婚協議の申し出や慰謝料請求などの各種内容証明の作
成や離婚協議書の作成、公正証書の作成など離婚問題に関して一括してサポートを行なっています。 



≪ ご依頼方法 ≫

トップ右側の予約専用フォームからお願いいたします5 あるいは電話でもご予約を承っています 
ご相談・お申込はこちら

面談による相談・電話相談はいずれも完全予約制ですが
都合がつけばそのまま電話相談をお受けする場合もあります。
電話相談の場合は料金の格安なひかり電話の番号をお知らせします。 420

   円満離婚相談センター
6   090ー9332ー2873
   027-252-5624

    年中無休・土日祝営業
   
お気軽にご相談下さい。お待ちしてます。

スポンサーサイト

協議離婚】 | top↑
| Home |
カテゴリー
リンク
みんなでつなごう相互リンクの輪
リンク
相互リンクドクター!アクセスアップ