| Home |
ストーカー

ストーカー

2000年11月にストーカー規正法が施行されました。
ストーカー規制法で規制の対象となるのは「つきまとい等」と「ストーカー行為」です。
「つきまとい等」とは特定の者に対する好意の感情又はその感情が満たされなかったことに対する怨恨を充足させる目的で、その特定の者又はその家族などに対して行う8つの行為を言います。

・つきまとい・待ち伏せ・押しかけなど
・監視していると告げる行為
・面会・交際などの要求
・著しく粗野または乱暴な言動
・無言電話・連続した電話・ファックス
・汚物などの送付
・名誉を傷つけるなど
・性的羞恥心の侵害

「ストーカー行為」とは「つきまとい等」を繰り返して行うことをいいます。

               

ストーカー被害者の約9割が女性と言われています。
ストーカー行為の傾向として凶悪犯罪につながるケースが多くなっていますので
被害を受けた方は一人で抱え込まないで必ず警察に相談しておく事が重要です。

警察では、告訴していなくてもストーカー行為の初期的段階の行為に対して
相手に警告や禁止命令を出すことが出来ます。
また警察は、告訴していなくても被害を自分で防止するために援助を受けたいと申し出があった場合、被害防止のための措置やアドバイス等の支援を行います。

             

当事務所では、ストーカー被害について相談者様と一緒に対策を練ります。
加害者に対して内容証明を送りストーカー行為を止めるように警告したり、
最寄の警察に相談する際にも安全対策のため相談者様に付き添います。
(行政書士は相手方との交渉は一切出来ません)

 

≪ ご相談の方法 ≫

トップ右側の予約専用フォームからお願いいたします5

 お急ぎの方は電話で予約を入れてください  

ご相談・お申込はこちら

面談による相談・電話相談はいずれも完全予約制ですが
都合がつけばそのまま電話相談をお受けする場合もあります。
電話相談の場合は料金の格安なひかり電話の番号をお知らせします。 420

   円満離婚相談センター
                  
6   090ー9332ー2873
   027-252-5624

    年中無休・土日祝営業
    お気軽にご相談ください。お待ちしています。

スポンサーサイト

ストーカー】 | top↑
| Home |
リンク
みんなでつなごう相互リンクの輪
リンク
相互リンクドクター!アクセスアップ