| Home |
財産分与・住宅ローン

財産分与とは 薔薇

財産分与とは、離婚に際し、夫婦が結婚生活を送っている期間に協力して築いた財産を
夫婦で分けることを言います。
財産分与の性質は、夫婦で作った財産を清算する意味(清算的財産分与)
離婚の責任のある者がもう片方に対して支払う慰謝料的な意味(慰謝料的財産分与)
あるいは離婚後の妻の生活の保護としての扶養的な意味(扶養的財産分与)があります。

一般的には、離婚にあたり財産を分けるのですから、清算的財産分与が中心となります
結婚前に蓄えていた財産や、結婚前、又は結婚後に相続などで取得した財産などは、
夫あるいは妻の固有の財産ですので財産分与の対象にはなりません。

また、財産分与の割合は専業主婦でしたら、蓄積した財産について30%程度、共働きでしたら50%は可能と言われていますが、最近では1/2ルールの考え方が主流となっていて、働いているか、働いていないかということは関係なく半分という考え方です。
実際は年金分割や慰謝料と合わせて考えられることもあります。

また、財産分与は、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も分与されます。
その借金が家庭生活のために使われたのであれば、夫婦で負担するという考え方がなされます。

ただし、夫婦のどちらかが個人的にギャンブルなどで借金した場合、それは家庭生活のための借り入れではないので使った本人の負担と言うことになり、この部分は財産分与の対象になりません。

また、ローン付きの不動産がある場合についてですが、周辺の事情を考慮しながら慎重に進めていく必要があります。

ローンはどうすればいいの?

子どもと一緒にこのまま家に住み続けたい!そのためにはどうしたらいいの?

不動産の名義はどうすればいいの?

税金はかかるの?

ローンを滞納したらどうなるの?

競売されるとすぐに家から追い出されるの?

自己破産って?個人再生って?

過払い金って?どのくらいもどってくるの?

などなど…不動産やそれに伴う問題はさまざまですよね。

多くの方が、『いったいどこに相談したらいいの?』と、困っていらっしゃるのを実感しています。

でも大丈夫!

それらの諸問題は当事務所と業務提携している司法書士がご相談を賜ります。

不動産や借金の問題も含めて一括してサポートしています。

☆業務提携先☆

司法書士法人 ぐんま市民司法書士事務所(伊勢崎市連取町3083-2)
所長 代表司法書士
反貧困ネットワークぐんま代表
簡裁訴訟代理認定司法書士 仲道宗弘


1385975_231783613646923_1620014488_n[1] (640x640) (640x640) 


※法務大臣の認定を受けた司法書士は,簡易裁判所において取り扱うことができる民事事件(訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件)等について,代理業務を行うことができます(簡裁訴訟代理等関係業務)。 簡裁訴訟代理等関係業務とは,簡易裁判所における(1)民事訴訟手続,(2)訴え提起前の和解(即決和解)手続,(3)支払督促手続,(4)証拠保全手続,(5)民事保全手続,(6)民事調停手続,(7)少額訴訟債権執行手続及び(8)裁判外の和解の各手続について代理する業務,(9)仲裁手続及び(10)筆界特定手続について代理をする業務等をいいます。 簡裁訴訟代理等関係業務は,業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した司法書士に限り,行うことができるとされています。

どのようなことでも、お気軽に相談してください。
一緒に考えましょう。



               
 
財産分与を考える場合、婚姻中に作ったプラスの財産とマイナスの財産をすべて
リストアップしましょう。
なにをどう分けるか具体的に夫婦で協議することが大切です。
しかし冷静な話合いが出来ないという場合もありますよね。
その場合、中立な第三者として当事務所が話合いの立会いをします 241241

その際離婚問題に関して一般的な情報提供をさせていただきます。
(行政書士は相手方との交渉は一切できません)

そして分けた財産についてその内容、支払い条件等を詳細にまとめ、書面に残しておけば後々トラブルにならずに済みます。
合意書や離婚協議書の作成は証拠を残すという意味で大切です。
当事務所は離婚協議書の作成を承っています。ケースに応じて丁寧に作成しておりますので相談者様オリジナルの離婚協議書が出来上がります。

また、例えば別居中で話合いが出来ないというご夫婦の場合、相手方に内容証明を送って財産分与の請求をすることも可能です。

当事務所は内容証明の作成を承っています。
相談者様の心情を汲み取り、相手方との着地点を探りながら内容証明を作成しております。ポイントを押さえながらケースにより書き方を変え、丁寧に作成しています。
当事務所は離婚問題に関して一貫してサポートをしております。どうぞお気軽にご相談下さい。

財産分与は離婚の時から2年間が経過すると裁判所に請求することが出来なくなります。

 

≪ ご相談の方法 ≫

トップ右側の予約専用フォームからお願いいたします5

お急ぎの方は電話で予約を入れてください  

ご相談・お申込はこちら

面談による相談・電話相談はいずれも完全予約制ですが
都合がつけばそのまま電話相談をお受けする場合もあります。
電話相談の場合は料金の格安なひかり電話の番号をお知らせします。 420

   円満離婚相談センター

  6  090ー9332ー2873
    027-252-5624

    年中無休・土日祝営業
    お気軽にご相談ください。お待ちしています。

スポンサーサイト

THEME:別居・離婚 - GENRE:結婚・家庭生活
財産分与・住宅ローン】 | top↑
| Home |
カテゴリー
リンク
みんなでつなごう相互リンクの輪
リンク
相互リンクドクター!アクセスアップ