| Home |
離婚協議書(公正証書)の作成

離婚協議書を作りましょう 241241241

   手書き風シリーズ星あなたの希望を形に残しましょう手書き風シリーズ星

≪ 離婚協議書作成してくださった相談者様においては、アフターフォローとしてヶ月間、何回でも無料で相談をお受けしております ≫


離婚の際にはいろいろな取り決めが必要です。
感情に任せて離婚届を出しておしまいにしてはいけません。

お子様がいれば養育費や面接交渉,氏の変更、戸籍の問題
離婚原因について相手方に責任があれば慰謝料の問題
婚姻中に築いた財産の精算である財産分与
そして年金分割の合意割合などたくさん決めることがありますね。

その決め事をまとめたものが離婚協議書です。

当事務所は離婚協議書の作成を承っています。
メンタル心理スカウンセラーである当職がご依頼主様から、詳細にご要望を伺い、配慮を重ね、丁寧に作成 していきますのでオリジナルの離婚協議書が出来上がります。

離婚協議書は離婚後のご依頼主さまのサポーターでなければならないと思っています。
当職はそのことを念頭に置き心をこめて作らせていただきます。

またパートナーと冷静に話合いが出来ない、離婚の話合いに第三者に入ってもらいたいなどでお困りの方はどうぞお気軽にご連絡下さい。

話合いの立会いをさせていただきます

その際、中立な立場として親権者の問題、養育費の基準などの離婚問題の一般的な情報提供をさせていただきます。(行政書士は依頼人の代理人となって相手方と交渉を行うことは出来ません)

また
話合いの場所がないという場合には当事務所をお使い下さい。


離婚協議書を公正証書にしましょう 256256256

離婚協議書(強制執行認諾文言あり)を公正証書にしておけば、今後相手から金銭の取り決めが
不払いとなった場合にも裁判なしで強制執行による給料等の差し押さえが可能です。

離婚後に
養育費が支払われなくなってしまったというケースはとても多く、
その場合、養育費の支払いの約束をどのような形に残したかで明暗が分かれます。

たとえば口約束の場合、証拠がありませんので、言った言わないということになります。
では、いわゆる『一筆書いた』という場合はどうでしょう。
証拠にはなりますが、その証拠を基に調停、裁判などの裁判所の手続きを経ないと
強制的に払ってもらう事はできません。

では、離婚協議書を作成したという場合はどうでしょう。
それも同じです。強制的に払ってもらう事は出来ません。

でも、離婚協議書を公正証書にしておけば、裁判所の手続きは踏まずに
手続き一つで相手方の給料などから強制的に払ってもらう事は可能です。
その手続きを強制執行といいます。

長く支払の約束をするもの。。。
例えば、養育費、不動産ローンの支払い(肩代わり)、あるいは財産分与とか慰謝料を分割払いで払うというものは 、 強制執行認諾文言ありの公正証書を作っておけば、支払いが滞ったときに、差し押さえが出来ますから安心です。

当事務所は、離婚問題専門家として
どうやったら離婚をしてもらえるか、どうやったら離婚協議書(公正証書)を書いてもらえるか、などの心理的、かつ法的なアプローチをアドバイスもさせていただきます。

また、せめて、子供のために養育費を払ってあげたい、あるいは、不動産ローンを払ってあげたい、自立までの生活資金を払ってあげたい、などの“せめて、●●してあげたい”お気持ちを離婚協議書(公正証書)で残してあげることもできます。

実際に、そのようなご依頼は多数あります。

 
金銭的なことではなく、その他の希望的な約束事として、“こうしてほしい”を形に残すことも可能です。

夫婦の破たん原因は、100人100様だと思います。
離婚協議書の内容は、みなさん違います。当事務所では、離婚協議書の内容をプランニングして提案しています。

どうぞお気軽にご相談ください。

・離婚協議書作成      38,000円
・当事務所では、その基本ベースの上に、養育費、面接交流、財産分与、年金分割、慰謝料などの各条項につき、少し追加(5,000円から)でプラスをお願いしている形です。料金の設定については、ご依頼主様とご相談させていただきながら決めさせていただいております。また、一括でのお支払いが難しい場合には、分割でも賜っていますので、お支払いの方法もご相談いただければと思います。  
 

当事務所で離婚協議書作成してくださった相談者様は、アフターフォローとして
ヶ月、何回でも無料で相談をお受けしております。

離婚前、あるいは、離婚後においてもいろいろな諸問題がおのずと出てまいりますので、お気軽に相談していただくための3か月間です。

少しでも相談者様のサポートが出来れば嬉しく思います。


全国公証役場所在地一覧表



出張します  (遠方の場合には交通費を相談させていただきます)

前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 北群馬郡榛東村 北群馬郡吉岡町 多野郡神流町 甘楽郡下仁田町 甘楽郡甘楽町 吾妻郡中之条町 吾妻郡嬬恋村 吾妻郡草津町 吾妻郡東吾妻町 利根郡昭和村 利根郡みなかみ町 佐波郡玉村町 邑楽郡板倉町 邑楽郡明和町 邑楽郡千代田町 邑楽郡大泉町 邑楽郡邑楽町

電話、メールで全国どこからでも対応しています

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 静岡県 岐阜県 愛知県 富山県 石川県 福井県三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県





《 ご依頼方法 》

トップ右側の予約専用フォームからお願いいたします5

あるいはお電話でもお気軽にお問い合わせください 
ご相談・お申込はこちらです

面談による相談・電話相談はいずれも完全予約制ですが
都合がつけばそのまま電話相談をお受けする場合もあります。
電話相談の場合は料金の格安なひかり電話の番号をお知らせします。 420

   円満離婚相談センター
6     090ー9332ー2873
    027-252-5624

    年中無休・土日祝営業
   
お気軽にご相談下さい。お待ちしています。

スポンサーサイト

離婚協議書の作成】 | top↑
| Home |
リンク
みんなでつなごう相互リンクの輪
リンク
相互リンクドクター!アクセスアップ