| Home |
内容証明・回答書・示談書・各種書面

チューリップ内容証明・回答書・示談書などの書面作成cosmos

全国どこからでも電話やメールのやり取りだけで大丈夫です。

内容証明、送られてきた内容証明に対する回答書、示談書などの各種書類作成のご依頼後は、何回でも相談無料です。
心配事、不安なこと、相手方の対応など、お気軽にご相談いただくための無料相談です。


【内容証明について】

内容証明は単なる手紙です。


しかし、その単なる手紙が相談者様の今後の生活や人生を大きく左右するきっかけになります。


内容証明は、協議で解決する有効な手段として幅広く利用されていますが、何度も送るという、たぐいのものではありませんので、一回の送付で確実に結果が残せるような内容でアプローチしていく必要があると考えています。

また、内容証明の文章は、郵便局に保管されますので、証拠能力がとても高いものです。
実際に、調停、訴訟ではその内容証明が証拠になっていきます。

証拠という点では、内容証明を出す側においても、書き方に注意をしないと不利な証拠を残すようなことにもなりかねません。



例えば、行き過ぎた表現、あるいはちょっとした言い回しの表現で、揚げ足を取られるなど、それが火種となり、新たなトラブルに発展してしまう可能性もあります。

また、誠実に対応しようとしている相手に対し、感情のままに挑戦的、高圧的な内容証明を送ってしまうと、 丸くおさまる筈だったものも、こじれてしまうこともあります。

ですので、内容証明の書き方にはとても注意を要します。

当事務所では、離婚・男女問題の専門家としての知識とノウハウを基に、行政書士として法的なポイントをきちんと押さえ、ご依頼主様のご希望に沿って考え、最善策は何か、どこにゴールを持っていくか、などを常に念頭において配慮を重ねて作成しています。



加えて、カウンセラーの着眼点心理的なアプローチを駆使し、うまく解決の方向に向くように、そして、出来るだけスムーズに結果が残せるよう、ご依頼主様の利益を最大限考慮して完成させています。


内容証明を法的な仕事をしている第三者の仕業者から送る効果として考えられる事は、こちらの本気度を示すことが出来る事、そして、このままではすまさないという、相手方にはプレッシャーをかけられる事だと思います。


相手方に、●●してほしい、●●しないでほしい、を内容証明で実現させませんか?


当事務所では、間違いのない内容、確実な成果を出せるよう、ご依頼主様がご納得いくまで、何度でも書き直しています。(追加費用は一切かかりません)



内容証明はさまざまなシーンで頻繁に利用されています。

(例)
認知の請求
養育費の請求
婚姻費用の請求
同居請求通知書
別居の通知書
協議離婚の申入書
浮気相手に慰謝料請求
慰謝料請求
財産分与の請求
面接交流の申入書
内縁解消の通知書
内縁相手の浮気相手に慰謝料請求
婚約解消の通知書
婚約破棄の慰謝料請求
暴力拒否の通告書
ストーカーに対する通告書
接近禁止の通告書
迷惑行為禁止に通告書などなど…



今、どのようなお気持ちで、どのようなことを実現したいと考えていらっしゃるのでしょう。もし、私でよかったら、ご友人や、ご親戚に相談するように、気軽にお話しを聴かせていただけたらと思います。


話すことで、問題点が整理されますし、話すことで、心の浄化になると言われています。

そのご連絡が、相談者の方の希望を叶える第一歩となりますよう、一番最初のスタートとして、当職が何等かのお手伝いできたら幸いです。


【示談書・合意書・誓約書等書面について】

争いのある相手方との間の問題が、解決する際には、今後のトラブルを回避するため、あるいは、金銭的支払いの約束、今後の取り決めなど、すべての問題をリセットさせるために示談書誓約書を残したほうが、安全です。

この時取り交わした示談書誓約書も重要な証拠になり、それが後々、自分を守るツールになります。しっかりとした不備のない書面を残すことで、”ちゃんと終わらせる”ことが可能です。

特に、慰謝料などの金銭の支払いが分割払いの場合には、強制執行が可能な形をつくるため、公正証書の作成をするなどの検討が必要です。

場合によっては、示談書などの書類を取り交わし、示談が成立した後においても、約束のお金が払われなくなったり、疑義が生じたり、違反などの行為でもめることも実際にはあります。そうなった場合、すでに取り交わした示談書などの書類の記載の内容によって、大きく結果が変わるものになります。

ですので、示談書や誓約書などの書類は、しっかりとした内容を残すことが重要です。ご依頼主の方の状況を伺い、ご依頼主様にとって、どのような内容を盛り込むことが最善の方法になるのか、ということを念頭に記載内容をご提案しております。

また、ご依頼を受けた示談書などの書類には、当職の職印を押印しますので、第三者が関わっているという形となり、それが安心と言う感想をよく伺います。

【回答書について】

もしも突然、内容証明が送られて来た場合のその対応として回答書についても承っています。

可能な限り、問題を円満にスムーズに解決できるよう、ご相談者様のご意向や状況を伺い、内容をご提案させていただいております。

本当に心から納得いく形を修正を加えながら作り上げていきます。

法的にも、証拠にもなりえる重要なものですから、慎重に書き上げます。

最良の方法を一緒に考えましょう。

内容証明  一件   20,000円から
回答書作成 一件   20,000円から
誓約書作成 一件  20,000円から
示談書作成 一件    30,000円から


出張します  (遠方の場合には交通費を相談させていただきます)
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 北群馬郡榛東村 北群馬郡吉岡町 多野郡神流町 甘楽郡下仁田町 甘楽郡甘楽町 吾妻郡中之条町 吾妻郡嬬恋村 吾妻郡草津町 吾妻郡東吾妻町 利根郡昭和村 利根郡みなかみ町 佐波郡玉村町 邑楽郡板倉町 邑楽郡明和町 邑楽郡千代田町 邑楽郡大泉町 邑楽郡邑楽町

電話、メールで全国どこからでも対応しています
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 静岡県 岐阜県 愛知県 富山県 石川県 福井県三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県


 

《 ご依頼の方法 》


トップ右側の予約専用フォームからお願いいたします5

 

あるいは電話でもどうぞお気軽にお問い合わせください。

相談・お申込はこちら

面談による相談・電話相談はいずれも完全予約制ですが
都合がつけばそのまま電話相談をお受けする場合もあります。
電話相談の場合は料金の格安なひかり電話の番号をお知らせします。 420

   円満離婚相談センター
   027-252-5624                                    6  090ー9332ー2873
    年中無休・土日祝営業

   お気軽にお問い合わせください。   

スポンサーサイト

内容証明・回答書・示談書などの書面作成】 | top↑
| Home |
カテゴリー
リンク
みんなでつなごう相互リンクの輪
リンク
相互リンクドクター!アクセスアップ