| Home |
離婚をうまくすすめるためには

行政書士は紛争を未然に防ぎトラブルなる前に解決を図る紛争予防法務の専門家です

これから離婚の話し合いをするにあたって、どのように進めたらよいか、というご質問をよく受けます。

簡単に考えるならば、相手方の人間性を見極めたうえで、離婚に関する法的な情報を収集し、いかに心理的な負担を減らして相手方と交渉するか、ということになるのではないかと思います。

しかし、そうはいっても、相手方とは話し合いにならない、あるいは、DVの相手方であったり、こちらに有責性があったり、子供の関係で、相手方の親族の関係で。。。事情は本当に様々ですよね。

当事務所では、そういったさまざまな事情を踏まえて、離婚をする決意に至った経緯や、相手方の人間性、危険性、置かれている状況、問題点などを伺い、どうやったら心理的な負担を減らしてうまく進められるかを一緒に考えさせていただきます。


また、離婚をする場合には財産分与 慰謝料 親権者(監護者) 養育費 面接交渉 年金分割の取り決めが必要です。

どれも離婚後の生活に直結していますし、お子さんがいたら絶対に譲れないという部分はありますよね。

対立する相手とそういった離婚条件をまとめていく作業は大変なことです。
“離婚さえできたら”と、求める権利があっても、求める前に諦めてしまう方もいます。

離婚は人生の分岐点です。妥協のないように、失敗のないように、また後悔しないように、納得できる形で解決が出来るよう、確かなやり方で進める必要があります。

諦めることなく、求めていることが確保出来るように
出来るだけたくさんのことが獲得出来るように
離婚後、お子さんの養育費を確保出来るように
円満で健全な面接交渉が出来るように
そして、
出来るだけ心理的な負担を減らして相手方に交渉できるように…


離婚問題専門のカウンセラー、行政書士の両方の視点で、お話を伺います。

まずは、問題点の整理をはじめませんか。

全国どこからでも承っています。

離婚協議書作成ご依頼後は、
3ヶ月間相談無料です。

不安や心配事、これからのことなど、遠慮なく相談していただくための
3か月間の無料相談です。

当事務所は、離婚後のアフターフォローが万全です。さまざまな離婚後の問題をフォローしています。

話し合いが出来ないという場合は、当事務所を提供します。
お二人のご要望があれば、私が第三者として話し合いの場に立ち会います。
(行政書士は代理人にはなれないため、第三者としての参加という形になりますが、必要な情報を求められた際には情報を提供させていただきます)








スポンサーサイト

離婚をうまくすすめるためには】 | top↑
| Home |
カテゴリー
リンク
みんなでつなごう相互リンクの輪
リンク
相互リンクドクター!アクセスアップ